ニキビは消毒すれば治るという噂は本当?

市販されているマキロンなどの消毒液をニキビに使えば、炎症が治るという噂があります。
この噂が本当かどうか、医学的な見地から見ると間違っておりニキビ治療として推奨できません。
では、何が問題なのか見てみましょう。

・消毒液はその場しのぎの効果しかない
マキロンなどの消毒液をニキビに塗布すると、殺菌作用によってアクネ菌を
減少させる効果はあると考えられます。
しかしあくまでもアクネ菌を減らすだけであって、ニキビの根本治療にはなりません。

というのも炎症を起こしている状態でアクネ菌だけを殺菌しても意味がないからです。
更に言えばマキロンなどの消毒液は外傷用製品なのでニキビには適しておらず、
ニキビ治療に用いるべきではないのは明らかです。

・ニキビ治療には専用の抗生薬を使う必要がある
マキロンのような外傷用製品をニキビに使用してはいけません、
なぜならどのような悪影響があるかわからないからです。

ニキビ治療には専用の抗生薬があり、それを使って治療すべきです。
また今炎症を起こしているニキビへの治療だけでなく、予防も含めて
治療を行わなければ再発してしまいます。

・噂を鵜呑みにしてはいけない
噂や自己流の治療ではニキビを正しく治療することはできません、
逆に悪化させてしまうリスクもあるのでニキビを治療する際には、
皮膚科医の診断を受けることが一番正しい方法です。

一時的に良くなったように見えても、それは間違った治療法であり
根本治療にならないことを知っておいて下さい。