腸内環境を改善するとニキビが改善する理由

腸内環境を改善するとニキビも改善する、これはどうしてなのか
どういう関係にあるのかを見てみましょう。

・腸内環境は免疫の8割を司る
腸は栄養を吸収するだけの器官ではなく、免疫をの8割を司る器官で
そこで吸収された成分は血液を通じて全身に送り届けられます。
そのため、食生活の偏りなどで腸内環境が悪化してしまうと
有害物質を含む成分が大量に発生して血液中に溶け出してしまいます。
それらが皮膚に影響を与えてニキビの原因を作るのです。

また、免疫が低下することでアレルギーを発症しやすくなったり、
普通なら短期間で治るニキビが治りにくくなり悪化の原因となります。

・腸内環境と自律神経は密接に関係している
腸内環境が乱れると自律神経も不安定になり、血行不良を引き起こして
肌細胞が正しく細胞分裂しなくなるため、角質の形成に悪影響を与えてしまい
毛穴が詰まりやすくなりニキビの原因を作ります。

・ストレスになり、肌荒れの原因を作る
セロトニンの95%は腸内で作られているので、それが低下してしまうと
ストレスを感じるようになります。
ストレスは体を攻撃的な状態にしてしまい、肌荒れの原因となります。

・総評
このように腸内環境が悪化すると様々な原因で肌に悪影響を与えてしまいます。
スキンケアをしていてもニキビができてしまう場合は、食生活の乱れから
腸内環境の悪化が考えられます。
そのため腸内環境を改善することは、そのままニキビの改善へと繋がるのです。