「デンジャー・トライアングル」にできたニキビは潰しちゃダメ!

デンジャー・トライアングルと呼ばれる部分は顔にはあって、
そこにできたニキビを潰してしまうと最悪の場合は死に至る可能性があると、
海外ではニキビを潰すことに対して警告を発しています。

ニキビができてしまうと、潰してはいけないと思いながらも潰してしまい
またやってしまったと思う人が多いと思います。
しかしデンジャー・トライアングルに関しては考え直したほうが良いでしょう。

まずデンジャー・トライアングルとはどこなのか、それは眉間の下にある鼻の付け根から
小鼻の両端を通って上唇の両端のかけてを線で結んでできる二等辺三角形です。
ここにできたニキビを潰してしまうと、どうして命に関わるのかというと
デンジャー・トライアングルにある血管の多くは後頭部へと繋がっていて、
脳に血液が届いている場所であること。

そのため、そこにできたニキビをつぶして感染症などを引き起こしてしまうと、
細菌が血管を通じて神経中枢にまで到達し、稀に失明、麻痺に繋がってしまい
最悪の場合は死亡する可能性もあると言われています。

稀なケースだとしても感染症にかかってしまい命の危険があると言われると、
そんなに危険な行為だったのかとびっくりしてしまうでしょう。
デンジャー・トライアングルに関係なく、ニキビを潰すことはできるだけ避けた方が
良いのは当然のことなのですが、デンジャー・トライアングルに限定して言えば
確実にノータッチで治療に専念する方がいいのではないでしょうか。