ニキビは遺伝か?環境か?

ニキビは遺伝するという話を聞いたことはありませんか?
本当にニキビは遺伝するのでしょうか、正しくはニキビそのものは
遺伝することはありません。

ニキビになるのは毛穴が詰まることによって、ニキビの原因菌である
アクネ菌が増殖し炎症を引き起こしてしまうことにあります。
このアクネ菌は皮膚の常在菌なので、殆どの日本人の肌に存在しています。

ということはニキビそのものが遺伝することはないと言えるでしょう。
正しくはニキビになりやすい体質は遺伝する可能性があるという事です。
そういう言い方をすると、言葉遊びをしているように聞こえてしまいますが
ニキビになりやすい体質であることを自覚するのは非常に大切な事です。

そしてさらに注意すべきことは、環境に注意しなければなりません。
環境というのはニキビになりやすい環境のことで、親がニキビになりやすい
環境で生活しているということは、子供も同じような環境で育つため
その影響を強く受けるという事です。

ニキビになりやすい体質というのは、多くがそういった環境にあるからだと
言っても良いと思います。
食事メニューに脂っこいものが多かったり、味付けが濃かったり、夜更かしが
当たり前の家族であれば、当然ニキビになりやすくなります。

そういった環境を直視せず、改善しないままにニキビは遺伝だからと言って
諦めている人が多いのは本当に残念なことです。
体質は改善できますし、その根本には環境があります。
遺伝的に皮脂が多いなどの問題もありますから、一概には言い切れませんが
ニキビは遺伝ではなく環境に依存すると考えるのが正しいでしょう。