メラノCCでニキビ跡が消えるって...本当?

市販で購入できるメラノCCですが、ニキビやマラセチア毛包炎などに効果があるだけでなく
ニキビ跡を薄くする効果もあると言われています。
では、メラノCCがどうして色々な効果があるのか、その理由を見てみましょう。

・ニキビのもとを殺菌
メラノCCには殺菌効果のあるイソプロピルメチルフェノールと言う成分が含まれています。
これによりアクネ菌の活動を抑えることができるため、ニキビ改善に効果があります。
また防カビ作用もあるので、ニキビではないマラセチア菌を殺菌することもわかっており
マラセチア毛包炎にも効果が見込めます。

・赤みを鎮静
赤みを鎮静する成分として、グリチルリチン酸ジカリウムが含まれています。
炎症を抑える作用があるので、赤みを鎮静させます。
ステロイドのような効果がありますが、ステロイドのように使い方を誤ることで
起こる副作用的な問題を含まないことが特徴です。

・色素沈着を予防
メラノCCに含まれているアスコルビン酸とトコフェロール酢酸エステルですが、
それぞれ美白化粧品に配合されている成分で、アスコルビン酸はメラニン色素の
沈着を阻害する働きがあります。
そしてトコフェロール酢酸エステルには肌の新陳代謝を促す作用があるので、
1か月程度かけて皮膚細胞が入れ替わることによりニキビ跡そのものを改善します。

このように色素沈着を抑制しつつ、新しい細胞が生まれます。
さらに炎症を抑制しニキビを予防することでニキビ跡が次第に消えていくわけです。
まさに色んな角度からニキビ改善のアプローチをしていると言えます。