ニキビを隠すためにマスクをするとさらに悪化するの?

ニキビができてしまったので、それを隠す為にマスクをする女性は多くいます。
しかしニキビを隠そうとしたマスクによって、ニキビが更に悪化することがあります。
マスクをつけると、素材と皮膚が常に擦れる環境に置かれますが
それはニキビも同じことです。

ニキビがマスクと擦れることによって、刺激になり悪化させてしまいます。
加えてマスクをすると通気性が悪くなるので、マスクの内側は湿度の高い状態になります。
そうなると常在菌を含めて雑菌が繁殖しやすい環境になるため、
新しいニキビを生む原因にもなります。

背中やお尻にできるニキビが治りにくい理由をしっていますか?
背中はブラジャーや肌着などが擦れるので治りにくい状態にあります。
お尻はパンツをはいているのでそれが擦れて治りにくいのです。
それと同じことがマスクをすることで顔の皮膚で起こっていると思ってください。

ニキビができていなくてもマスクをするのが顔の皮膚にとって良くないことは、
上記の内容で理解できたかと思います。
花粉症や風邪引きなどでどうしてもマスクが必要な場合を除けば、
ニキビの有無にかかわらずマスクは極力しない方がいいでしょう。

最近ではファッションの一部として伊達マスクをする人が増えています。
見た目にもファッション化が進んでいてマスクの必要がないのに、
マスクをしている人を見かけることもあります。
これらも皮膚によっては擦れ、蒸れ、雑菌の繁殖に繋がりますので控えるべきでしょう。