背中にニキビができる原因。

ニキビは顔だけでなくデコルテや背中にもできることがあります。
しかも背中のニキビは自分で見えない場所なので気が付きにくいのですが、
痛みが出ることで気が付くケースが殆どです。

ではどうして背中にニキビができるのでしょうか、その原因は
大きく分けて4つ上げられますが基本的に顔にできるニキビと同じだと思ってください。

以下にその原因を説明しますので、予防と治療の参考にしましょう。

1.シャンプーなどのすすぎ残し
シャンプーやリンスを洗い流して頭からは綺麗に取り除けたとしても、
洗い残しが背中に付着してそのまま毛穴に詰まることがあります。
そうなると毛穴の炎症に繋がり、ニキビの原因となります。
背中は鏡でも見えにくい場所になるので、頭だけでなく全身をくまなくシャワーで
洗い流すようにしましょう。

2.過剰な皮脂
顔ほどではありませんが、背中も体の中では皮脂の分泌は盛んな部分になります。
食生活などの問題により皮脂の分泌が過剰になることで毛穴は詰まってしまい、
ニキビの原因となってしまいます。

3.摩擦、刺激
顔にはないニキビの原因として、摩擦、刺激があります。
これは下着や衣類、汗、ゴシゴシと体を洗う、寝ている間に体を掻いてしまうなどの
摩擦や刺激を受けやすい部分になります。
肌か乾燥していると痒みが出やすいこともあり、刺激によって皮膚がダメージを受け
毛穴の炎症につながり最終的にニキビを発症してしまいます。

4.ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスはちょっとしたことで乱れてしまいます。
ホルモンバランスが乱れると、上記2のように皮脂の過剰分泌に繋がりますので
ニキビの原因となってしまいます。
ホルモンバランスは生活習慣の乱れに直結していますし、女性の場合は生理によって
乱れやすくなりますので注意しましょう。