ニキビがかゆい!これってほんとにニキビ?

ニキビになると炎症をおこして赤くなり痛みを伴うのが普通です。
しかし稀にニキビが痒みを伴うこともあります。
痒いなんてニキビじゃなく別の皮膚病なのではないか?と疑う人が多いですが、
最初はニキビだったものが痒みを伴うようになるケースはあります。

この痒みはニキビが痒くなっているのではなく、乾燥や雑菌の繁殖によって
ニキビ周辺が痒くなっていると考えてイイでしょう。
痒みがあるとどうしても掻き毟ってしまい、出血することもあります。
そうなると治りが悪くなるだけでなく、ニキビ跡が残ったりします。

ニキビが痒くなってきた場合は、掻くのではなく以下の対処法を試してください。
・患部を冷やす
冷たくしたタオルや保冷剤などを患部に当てて冷やしましょう。
患部が温かくなると血管が拡張するために痒みが強くなります。
冷やすことで血管を収縮させて痒みの伝達を遮断するのです。

・乾燥を防ぐ
乾燥することで痒みが増幅することもあります。
理由は角質層から潤いが失われてしまうことで痒みになるのです。
乾燥肌に人が皮膚は綺麗なのに痒みに悩まされている人が多いのはこのためです。
乾燥を防ぐ方法として、加湿器や保湿クリームなどを使いましょう。

このようにニキビが痒くなることは非常に危険なサインです。
普通に治療していれば治るものが、痒みという二次的な症状により
掻き毟ってしまうと自ら症状を悪化させていることになります。
痒みを伴う場合は、出来る限りその痒みの元を抑えるようにしなければなりません。