シャンプーが原因でニキビになることがあるらしい

ニキビになる原因の多くは毛穴の詰まりだと考えられています。
実際に毛穴ケアを始めるとニキビが出来にくくなる事が分かっています。
毛穴が詰まるとその内部にアクネ菌などのニキビを引き起こす細菌が、
大量に繁殖し毛穴細胞を攻撃することで炎症を引き起こしニキビになります。

よく顔は綺麗に洗っているのにオデコや生え際、こめかみなどに
ニキビが良くできるという人がいます。
実は顔を良く洗っていてもシャンプーが原因となってニキビになることがあります。

顔を洗った後に髪の毛を洗う人は特に注意した方が良いです。
というのも顔を洗った後にシャンプーで髪の毛を洗った時に、生え際などに
シャンプーの泡が付いたままになると毛穴に刺激物質が入り込んでしまいます。
そうなると毛穴は縮小したり詰まったりしてしまいます。
直ぐに洗い流せば問題ないですが、良く見えていない場合は流れずに
そのままお風呂から出てしまいタオルなどで拭いてしまいます。

拭いてしまったシャンプーの泡は見た目では綺麗に消えてみてますが、
実際には毛穴の中に泡は入り込んでしまっているのです。
泡はすぐに乾燥してしまいますが、毛穴の中に残ったままになるので
皮脂などと反応してしまい毛穴を塞いでしまいます。
そうなるとアクネ菌などが一気に繁殖してしまうのでニキビになります。
オデコや生え際にニキビが多い人は、シャンプーやリンスをした後に
泡やリンスの液剤がかかったままになっていないか注意してみてください。