ニキビ跡にならないニキビのつぶし方

ニキビを潰すと跡が残ってしまう。という話はよく聞きます。
そして実際に潰してしまって跡が残ったという経験をしている人も多いでしょう。
しかし、ニキビは後にならないニキビの潰し方があります。

ここでいうニキビの潰し方は指で潰す方法ではありません。
ニキビがどのような状態の時に、どういう方法で潰すことで
跡を残さないように処置できるということです。

まず、ニキビは大きく分類すると白ニキビ、赤ニキビに分けられます。
赤ニキビは炎症が起こっている状態です。
白ニキビは炎症が起こりつつもニキビのてっぺんに白いものが見えている状態です。
白いものとは膿のことです。

潰してもよいのは白ニキビの状態の時のみです。
赤ニキビの状態で潰してしまうと跡が残る可能性が高くなります。
そして潰し方ですが、指でブチュ!っと潰してはいけません。
必要な道具があります。
コメドプレッシャー
ピンセット
消毒液
これらを準備し、まずはお風呂に入り肌を柔らかくします。
そして手や器具を消毒したあとに、ピンセットで白くなっている表面を
少しだけつまんで潰します。
そのあとコメドプレッシャーで皮脂を全て押し出します。
押し出した後は消毒液で消毒しましょう。
この方法で綺麗に処置ができれば跡になりにくい状態になります。
少しやってみてダメそうだと思ったら、潔くあきらめましょう。
無理に刺激すると逆に治らなくなってしまいます。