妊娠中のニキビについて

妊娠中のニキビは割りとよくあるトラブルです。
妊娠中はホルモンのバランスが崩れるため、通常より肌荒れなど
様々なトラブルが起こりやすくなるのです。

これはホルモンバランスが乱れることによってニキビができるので
出産後ホルモンバランスが元に戻れば自然に治ります。
あまり神経質に悩んだりすると良くありません。
時期が来れば元通りになりますから、あまり悩んでも仕方ないでしょう。
あれこれ市販の薬を使うのもやめておきましょう。
清潔に保ち、できるだけニキビには触らないようにしてください。
間違ったケアによって、ニキビを潰したりすると跡に残ってしまいます。

また、妊娠によってホルモンバランスが崩れたことにより
今まで使っていた基礎化粧品やコスメグッズが合わなくなっていることもあります。
外出時には日焼け止めなどは必須ですが
できるだけすっぴんで過ごしていれば、ニキビが軽減されるケースも多いです。
一時的に敏感肌用の低刺激コスメに切り替えるのも効果があります。
あまりにもニキビが多く出る、繰り返してしまう場合には
皮膚科などを受診するとよいでしょう。
妊娠中でも安心して使える塗り薬や飲み薬が処方してもらえます。

妊娠中だけではなく、授乳中にもホルモンバランスが崩れるため
妊娠中にはなんともなかったのに、授乳するようになってニキビができるケースもあります。
こちらもホルモンバランスの乱れが戻れば自然に改善するはずです。