ニキビと食生活の関係

ニキビは肌の問題。
ニキビは食生活と非常に強い関係があります。
食べ物でニキビができやすい、また食べ物でニキビができにくくもなります。

ニキビに予防にお勧めの食材と言うか栄養素があります。

まずはビタミンAです。
毛穴のつまり解消や肌のターンオーバーを促す効果があります。
ニンジンやホウレン草やレバーやウナギなどがお勧めです。

またビタミンB2は角化調整をしてくれて、皮脂の分泌を抑制してくれます。
身近な食材だと卵に含まれています。
また乳製品にも含まれます。

そしてビタミンB6は新陳代謝を促します。
ビタミンB2と同じく、皮脂分泌を抑制してくれます。
マグロやカツオや、鳥のささみなどに含まれます。

そして定番ですがビタミンCです。
コラーゲン線維の生成促進、メラニン生成抑制、抗酸化作用があります。
果物はもちろんなのですが、緑黄色野菜にも含まれています。

さらにビタミンEは抗酸化作用があります。
ビタミンCとの相乗効果が高いです。
レバーやカツオ、緑黄色野菜に含まれています。

他にも色々あるんですがやっぱりビタミン類は大事ですね。