ニキビに処方される抗生物質

  • 投稿日:
ニキビがひどい場合には病院でのニキビ治療があります。
ニキビの状態によっては抗生物質が処方される場合もあります。
特に大人ニキビの場合には抗生物質が処方されることが多いです。

ニキビ 抗生物質は体内の細菌の増殖を抑えるそうです。
アクネキンが増えるのを抑えるって感じですかね?
大人ニキビに処方される抗生物質は、ペニシリン系、セファム系、
マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系などがあります。
ニキビによって処方されるものは血がてきます。

マクロライド系の抗生物質で処方される薬にルリッド錠というのがあります。
ニキビ以外には風邪や中耳炎などにも処方されるそうです。

そしてミノマイシンというテトラサイクリン系の抗生物質があります。
炎症の症状を治したり予防したりします。
口内炎などに処方されたりもするそうです。

クラビット錠はニューキノロン系の抗生物質です。
妊娠の可能性のある人は医師へ相談する必要のある薬です。

そしてバナンはセフェム系の抗生物質です。
ニキビ以外にはインフルエンザなどに感染症に用いられるそうです。

でも抗生物質が必ずニキビに効果があるかどうかはわかりません。
アクネキンせんようの抗生物質がないので、聞きやすいものを処方されているだけなんだそうです。
アクネキンにうまく働いてくれればニキビに効果があるという感じのようです。