過酸化脂質の増加を抑えよう

ニキビの原因の1つである皮脂。

過剰分泌された皮脂をそのままにしておくと、お肌に害を及ぼす過酸化脂質へと変化します。

紫外線などの光を長時間浴び続けることにより、活性酸素が発生するからです。


過酸化脂質はお肌を刺激する物質のため、そのまま放置しておくと、ニキビを悪化させる原因となります。

ニキビ対策を考えた場合、過酸化脂質を増やさないことが重要なポイントになります。


過酸化脂質を増加させないためには、メイク直しが欠かせません。

といっても、ファンデーションなどを重ねるだけでは不十分です。

テカった部分を一度拭き取ってから、ファンデーションなどを付け直さなくては意味がないのです。

ただ重ねただけでは、過酸化脂質を毛穴に押し込めてしまっていますからね。

拭き取るメイク直しをしないのであれば、むしろメイク直しをしない方がいいですよ。