紫外線によるニキビ肌への害とは?

ニキビができているお肌は、敏感になっています。
そんな時に、無防備に紫外線を浴びていると、有害な刺激を与えているようなもの。
ニキビを悪化させないためにも、紫外線対策をしっかりする必要があります。


紫外線によるニキビ肌への害についてです。

<角質肥厚>
紫外線を浴び続けていると、お肌は角質を厚くして防御しようとします。
角質が厚くなると、毛穴を塞ぎやすくなります。
毛穴が塞がれると、毛包に皮脂が充満し、ニキビ菌が活発になります。
こうなると、ニキビができやすくなります。

<バリア機能の低下>
紫外線により、角質細胞はダメージを受けます。
すると、お肌に必要な水分や油分が奪われ、干からびてしまいます。
また、バリア機能も低下してしまいます。
こうなると、ニキビ以外のトラブルも生じやすくなります。

<毛包の破壊>
ニキビができはじめた毛包では、活性酸素も発生しています。
そこで紫外線を浴びると、活性酸素がさらに増え、毛包が内側から痛めつけられます。
炎症がひどくなると、毛包の壁は破れます。
皮脂が真皮に漏れ出し、ニキビがさらに広がります。
こうなると、ニキビ跡も残りやすいです。

<色素沈着>
ニキビを自己処置して放っておいた場合、潰れたニキビ跡が濃いシミになりやすいです。
紫外線によりメラニンが増加するからです。