刺激は厳禁!危険な自己処置とは?

ニキビをキレイに治したいのであれば、触らないことが大切です。

しかし、「早く芯を出して、平らでキレイな肌に戻したい」と、潰してしまう人も中にはいます。

ニキビを無理に爪でひっかくと、赤黒い色素沈着やクレーター状の凹みを残しやすくなります。

意識的に気を付けてください。


また、治りかけのニキビにも、刺激は厳禁です。

ニキビの面影を残した角質を無理に剥がすと、ニキビが再び悪化してしまうことがあるのです。

強く擦ったりせず、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。


強い刺激が厳禁なのは、ニキビができている時だけではありません。

普段のスキンケアでも気を付けなければいけないことなのです。

お肌を必要以上に磨くと、未成熟な表皮細胞を増やしてしまっています。

未成熟な表皮細胞は、免疫力がなく、刺激に敏感です。

そして、様々な肌トラブルを招いてしまいます。

ですから、磨けば磨くほどキレイになるという思い込みから脱出し、正しいケアを行うようにしてください。