お肌を労わる努力を

大人ニキビは、22~25歳に発症しやすいです。この時期はお肌の変わり目であると同時に、衰え始めでもあるからです。

お肌の曲がり角は25歳と言われていますが、現在女性のお肌はもっと早くから衰え始めているかもしれません。
メイクを始める年齢が下がり,エアコンの効いた環境で生活し,ファーストフードやスナック菓子に囲まれた食生活を送っているからです。

一度自分のお肌としっかり向き合い、お肌を労わることも大切でしょう。


お肌に優しいケアを考えるなら、お湯の温度やクレンジング料のタイプなどにも気を使いたいものです。

顔をすすぐときには、皮膚温程度のぬるま湯だとお肌に優しいです。しかも皮脂がよく落ちやすいです。
それに対して、熱過ぎるお湯だと、お肌の潤いを奪い、お肌を乾燥させてしまいます。

クレンジング料は、拭き取りタイプよりも洗い流しタイプの方がお肌への負担が少ないです。

ですから、洗い流しタイプのクレンジング料で洗顔し、ぬるま湯で洗い流すように心がけましょう。

また、食事や睡眠など生活習慣の改善も大切です。

小さな努力の積み重ねで、ニキビだけでなくお肌の老化スピードも遅らせられるので、頑張ってみてください。