どうして大人になってからニキビができるの?

思春期よりも大人になってからのニキビに悩まされている方も多いのではないでしょうか?


本来ニキビは、皮脂の分泌が盛んな思春期にできやすいものです。そして皮脂の分泌量は加齢とともに減少するので、大人になるとニキビができない肌環境になるはずです。

ところが、30代40代になってもニキビができる人がいます。部分的に皮脂分泌が過剰になっているからです。

つまり大人ニキビは、肌質とは関係なしにできるのです。

乱れた食生活やストレスなど、ニキビの原因となる事柄を取り除かない限りは、治まることはないでしょう。また、スキンケアの見直しも必要です。


お肌は、約28日周期で生まれ変わっています。皮膚細胞が基底層から押し上げられ、肌表面の角層に達して、垢となって自然に剥がれ落ちるのです。

ところが、加齢とともに周期は遅くなり、角質が剥がれにくくなります。また、毛穴の出口の角質が厚くなったり,ニキビ跡が色素沈着して残ったりもしやすいです。

お肌に凹みが出るほどのダメージを受けてしまった場合には、皮膚科を受診して理学療法を受けた方がいいでしょう。

そして、普段のスキンケアも積極的に行い、年齢に応じたケアを心掛けてください。