和食は、ニキビ肌の方にオススメ

ニキビに悩む日本人は、食生活の欧米化などに伴い増加してきました。

脂っこい食事や栄養の偏った食事が、皮脂の過剰分泌を促したためです。

一方近年のアメリカでは、肉などのエネルギー源となる食事の害が叫ばれ、日本食がブームになっています。

そう、昔ながらの日本食は、ヘルシーで栄養バランスが優れているのです。


日本食と言えば、ご飯,味噌汁,煮物,焼き魚,お浸し,などなど、油を使った料理が少ないのが特徴です。

そして、エネルギーの大半は、お米の炭水化物から摂取しています。

そして、魚や大豆製品からタンパク質を,煮物やお浸しで緑黄色野菜に含まれるビタミン類を,味噌汁で海藻に含まれるミネラル類を摂取しています。

栄養バランスの整った食事なのです。


ニキビ肌で悩んでいる方は、和食メインの食事内容に見直してみましょう。