皮脂の酸化予防には、ビタミンACEを

ニキビ対策には、栄養バランスのいい食事は大切です。

そして、皮脂の酸化予防を考えた場合、ビタミンACEの摂取が必要です。


ビタミンAは、βカロテンが体内で変化して作られます。そして、皮膚や粘膜の健康を保つ働きをしてくれます。

また、ビタミンAに変化しなかったβカロテンは、活性酸素を除去してくれます。遊離脂肪酸の1つであるLDLコレステロールの酸化を防ぎ、過酸化脂質の産生を阻止するのです。


ビタミンEには、酸化抑制作用があります。

βカロテンと摂取することで、相乗効果が高まります。


ビタミンCには、ビタミンEの働きを高める作用があります。

また、メラニン色素の生成を抑制したり,抗ウイルス,免疫力アップ,解毒などの働きもあります。


このようにビタミンACEには、ニキビ誘因の1つである遊離脂肪酸の酸化を強力にブロックする効果が期待できます。

ニキビ肌に悩んでいる方は、積極的に摂取するといいでしょう。

なお、パソコンの前での作業時間が多い方は、活性酸素が発生して、過酸化脂質が増加しやすくなっています。ビタミンACEを含む食材を、意識して摂取するようにしてください。